• Tumblrユーザーボイス: 香川県小豆島在住・向井達也さん (25歳)。
奈良県出身の向井さんは、瀬戸内海に浮かぶオリーブやごま油で有名な小豆島で、現在地域おこし協力隊員として日々活動されています。その多岐に富んだ活動内容は、向井さんの日記ブログ「小さな社会実験場」で見ることができます。小豆島の豊かな自然や温かい人々、ユニークでワクワクするプロジェクトの写真と、地域おこし協力隊員として向井さんが感じたことなどが簡潔にまとめられていて、小豆島という場所に興味がある人、地域おこし協力隊というものにトライしてみたい人、地域社会の中で周りの人々との関わり方を模索している人などにとって、とても良い参考になるのではないでしょうか。

 
 - 向井さんが地域おこし協力隊員に入隊することになったいきさつと、主な活動内容を教えてください。 
小豆島には、「瀬戸内国際芸術祭2013」で 醤の郷・坂手港プロジェクトの出品作品として小豆島の馬木地区で「Umaki camp (馬木キャンプ)」という建築作品をつくるために、勤めていた建築事務所 (dot architects) から8ヶ月間出張に来ていました。「老若男女問わず誰もが“建てる”ことに参加できる建築を」、というコンセプトのもと2013年3月から4ヶ月にわたって制作し、希望された方には、実際に釘を打ってもらったり石を積み上げてもらったりしました。
その芸術祭期間中に小豆島の地域おこし協力隊の人と知り合っていたので、そういった自由な枠組みの仕事があることは知っていました。制作をしているうちに地域の方々とも知り合い、その人柄と空気に惚れ込み、芸術祭後も小豆島に残りたいと思いました。そして出来上がった建築を地域の人々のために活用したいと考え、小豆島町地域おこし協力隊に志願しました。
現在は馬木キャンプでワークショップやイベントなどを行なっています。馬木キャンプは小さな広場が一緒になった簡素な小屋のようなもので、誰でも自由に使える場所になっています。小豆島町で行なう地域おこし協力隊の活動報告と、小豆島の日常を見てもらいたいと思ってブログを始めました。 
 [[MORE]]

 - 馬木キャンプで行われているイベントやワークショップなどの例を教えていただけますか? また、その企画、主宰は誰がするのですか? 
これまで運動指導・体操やアコースティックのライブイベント、1日だけの焼きたてパンのお接待や古い家具を直すワークショップなど行なってきました。2014年の7月19日〜9月15日にかけては「馬木の寺子屋」と題して8つのワークショップを開講しました。私が企画するものもあれば、アーティストや地の方たちがアイデアを持ち込んでくれて一緒に企画したりもします。持ち込みの企画も少しずつ増えてきました。

 
 - 馬木キャンプは近隣住民の方の生活にどのように関わっていますか? 
昨年の芸術祭期間中は夏と秋の会期中 (計75日間)、馬木キャンプのキッチンを使って毎日「お接待」を地域のご婦人方が中心になって行なわれました。(お接待とは、四国地方などでお遍路さんや旅人へお茶やお菓子などをおもてなしする習慣・文化のようなものです)そんなこともあって、今でもお客さんが訪れたときに気付いた近隣の方が冷えた野菜を持ってきて下さったり、月曜日の朝にはラジオ体操が行なわれたりと、毎日毎日足しげく通う場所ではないけど、ちょっとした時間に様子を見に来てくれる場所になっているのかもしれません。またヘルスケアや運動療法士さんと一緒に体操や筋トレの企画やイベントなども行なうので、外に出るきっかけの1つになっていると良いなと思っています。

 
 - 小豆島に住む人の人柄と惚れ込んだということですが、実際にどんなところ、どんな方々でしょうか? 向井さんがこれまで住んでいた場所とは違いますか? 
私はこれまで奈良→京都→大阪と住まいを移してきましたが、小豆島に来てみて本当にたくさんの人と出会うことができました。都市から地方へ移って出会う人数が増える、というのは逆のように感じるかもしれませんが、学校や仕事場に行って帰るだけの生活から、地域行事やお祭り、また近隣にお住まいの方と日中顔を合わせることから顔を覚えてもらうことが多くなりました。新しい取り組みやイベントを行なおうとすると、どうしても足りない部分が出て来きますが、あれがない、これがないというときに相談すると適切な助言や筋道を教えて下さる年配の方がたくさんいます。社会や地域のルールを教えてくれる、地方では当たり前のことかもしれませんが、厳しくも優しい人柄に惚れ込み、勉強させてもらいたいと移住しました。

 
 - 地域おこし協力隊という制度について教えていただけますか? 小豆島の自治体による、雇用ということでしょうか。
地域おこし協力隊は国の総務省の取り組みで1年以上3年以下の期間、地方自治体の委嘱を受け、地域で生活し、各種の地域協力活動をおこなうとあります。「地域おこし」がどのような業務になるのかは自治体と決めます。

 
 - 「今後、馬木キャンプを行政から自立させたい」ということをブログに書かれていましたが、具体的にどうしていきたいということでしょうか? 地域おこし協力隊の活動としてではなく、民間の組織として存続させたいということでしょうか? 
このあたりははっきり断言できないところで申し訳ないのですが、地域おこし協力隊の任期は最大3年までなので、どうしてもその後が問題になってきます。今、馬木キャンプがやっていることは、行政が行なうには小さくイベントも多様なので、地域の人たちが自由に使える建物という機能は残しつつ、民間の運営に移して行きたいと考えています。そのあたりは町役場と一緒にどういう形態が良いのか考えているところです。 

 
 - 向井さんは今後、どんなことに挑戦していきたいですか?
ローカルビジネスの起業に関わっていきたいと考えています。
地方は、観光、 文化、子育て、などいろいろと「足りない」状況にあります。小豆島には「足りない」ことも多いけれど、それを上回る魅力があります。足りないと感じることは新しいものが生まれるチャンスだと思うので、このチャンスに立ち会えたということを上手く生かしたいと思います。

 


(画像: Hideaki Hamada)

      Tumblrユーザーボイス: 香川県小豆島在住・向井達也さん (25歳)。

      奈良県出身の向井さんは、瀬戸内海に浮かぶオリーブやごま油で有名な小豆島で、現在地域おこし協力隊員として日々活動されています。その多岐に富んだ活動内容は、向井さんの日記ブログ「小さな社会実験場」で見ることができます。小豆島の豊かな自然や温かい人々、ユニークでワクワクするプロジェクトの写真と、地域おこし協力隊員として向井さんが感じたことなどが簡潔にまとめられていて、小豆島という場所に興味がある人、地域おこし協力隊というものにトライしてみたい人、地域社会の中で周りの人々との関わり方を模索している人などにとって、とても良い参考になるのではないでしょうか。

       

       - 向井さんが地域おこし協力隊員に入隊することになったいきさつと、主な活動内容を教えてください。 

      小豆島には、「瀬戸内国際芸術祭2013」で 醤の郷・坂手港プロジェクトの出品作品として小豆島の馬木地区で「Umaki camp (馬木キャンプ)」という建築作品をつくるために、勤めていた建築事務所 (dot architects) から8ヶ月間出張に来ていました。「老若男女問わず誰もが“建てる”ことに参加できる建築を」、というコンセプトのもと20133月から4ヶ月にわたって制作し、希望された方には、実際に釘を打ってもらったり石を積み上げてもらったりしました。

      その芸術祭期間中に小豆島の地域おこし協力隊の人と知り合っていたので、そういった自由な枠組みの仕事があることは知っていました。制作をしているうちに地域の方々とも知り合い、その人柄と空気に惚れ込み、芸術祭後も小豆島に残りたいと思いました。そして出来上がった建築を地域の人々のために活用したいと考え、小豆島町地域おこし協力隊に志願しました。

      現在は馬木キャンプでワークショップやイベントなどを行なっています。馬木キャンプは小さな広場が一緒になった簡素な小屋のようなもので、誰でも自由に使える場所になっています。小豆島町で行なう地域おこし協力隊の活動報告と、小豆島の日常を見てもらいたいと思ってブログを始めました。 

       

      続きを読む…

    • Tumblrユーザーのみんな、アツマレ〜! 各地でそろそろ紅葉が見られ、日本中が一段と美しくなる時期ですね。天気のいい日にはお弁当を持って紅葉狩り、なんてどうでしょうか? 少しの間しか見られない紅葉だから、ゆっくり眺めたり写真を撮ったり、思いっきり楽しみたいですよね。さてみんなで集まるなら、Tumblrのアツマレに登録してみましょう! (アツマレって何?という方はこちらをどうぞ) やり方はとっても簡単。まずはここに内容を登録してもらうと、Tumblr側で内容を承認したあとに、このアツマレ公式カレンダーに表示されます。あとはTumblrから送られる無料のアツマレキット (ステッカー、名札など) を使って、当日楽しむだけ。
そうそう、今から少し早めにクリスマスパーティや忘年会の企画もしておくと良いと思いますよ。
*なお、登録、企画には少しお時間に余裕を持ってお願いします。アツマレキットがお手元に届くまでに2〜3週間、場合によってはもう少しかかることもありますのでご注意ください。

      Tumblrユーザーのみんな、アツマレ〜!
       
      各地でそろそろ紅葉が見られ、日本中が一段と美しくなる時期ですね。天気のいい日にはお弁当を持って紅葉狩り、なんてどうでしょうか? 少しの間しか見られない紅葉だから、ゆっくり眺めたり写真を撮ったり、思いっきり楽しみたいですよね。
      さてみんなで集まるなら、Tumblrのアツマレに登録してみましょう! (アツマレって何?という方はこちらをどうぞ) やり方はとっても簡単。まずはここに内容を登録してもらうと、Tumblr側で内容を承認したあとに、このアツマレ公式カレンダーに表示されます。あとはTumblrから送られる無料のアツマレキット (ステッカー、名札など) を使って、当日楽しむだけ。

      そうそう、今から少し早めにクリスマスパーティや忘年会の企画もしておくと良いと思いますよ。

      *なお、登録、企画には少しお時間に余裕を持ってお願いします。アツマレキットがお手元に届くまでに2〜3週間、場合によってはもう少しかかることもありますのでご注意ください。

    • 秋と言えば、食欲だったり、スポーツだったり、読書だったりいろいろありますが、今回は「芸術の秋」といこうじゃありませんか。中でも、映画! 今週は映画関連ブログをご紹介します。秋の夜長に見る映画選びの際に、ぜひTumblrで探してみてください。
ブログ名: 日本映画祭ネットワーク
なんと日本には100を超える大小さまざまな映画祭があるって、ご存知でしたか? こちらのブログでは、全国各地の映画祭情報をまとめて、映画祭関係者の方が直接投稿しているそうです。うちのまわりにはあるのかな、今度旅行に行くあの町にはあるかしら、と探してみるのも良いですね。
ブログ名: Affordance
こちらはさまざまなジャンルから映画を選りすぐった、映画レビューブログです。映画を選ぶセンスもそうですが、ユーモアのある切り口の鋭いレビューからは、独断と偏見、そして映画への愛を感じます。
ブログ名: UPLINK tumblr
東京・渋谷にある、独自の観点から選び抜かれたインディペンデントムービーを上映する、アップリンクのブログです。上映ルームは小規模ですが、他ではあまり見れないような映画が見れ、施設内には映画関連グッズを扱うショップやカフェ、ギャラリーもあり、何時間もすごせちゃいます。このブログでアップリンクの最新情報をチェック!

      秋と言えば、食欲だったり、スポーツだったり、読書だったりいろいろありますが、今回は「芸術の秋」といこうじゃありませんか。中でも、映画! 今週は映画関連ブログをご紹介します。秋の夜長に見る映画選びの際に、ぜひTumblrで探してみてください。

      ブログ名: 日本映画祭ネットワーク
      なんと日本には100を超える大小さまざまな映画祭があるって、ご存知でしたか? こちらのブログでは、全国各地の映画祭情報をまとめて、映画祭関係者の方が直接投稿しているそうです。うちのまわりにはあるのかな、今度旅行に行くあの町にはあるかしら、と探してみるのも良いですね。

      ブログ名: Affordance
      こちらはさまざまなジャンルから映画を選りすぐった、映画レビューブログです。映画を選ぶセンスもそうですが、ユーモアのある切り口の鋭いレビューからは、独断と偏見、そして映画への愛を感じます。

      ブログ名: UPLINK tumblr
      東京・渋谷にある、独自の観点から選び抜かれたインディペンデントムービーを上映する、アップリンクのブログです。上映ルームは小規模ですが、他ではあまり見れないような映画が見れ、施設内には映画関連グッズを扱うショップやカフェ、ギャラリーもあり、何時間もすごせちゃいます。このブログでアップリンクの最新情報をチェック!

    • Tumblrユーザーボイス: 京都府在住・長澤佑樹さん (22歳)。食欲の秋も深まってきて、おいしいものがすいすいと食べられる気候になりましたね。今回はそんな季節にピッタリな、ビールレビューを書いているユーザーさんのインタビューです。このブログ「ビールって,面白い.」に詳細なビールブログを次々にアップされているのは、なんと22歳の長澤佑樹さん。ブログを読んでいると、だいぶ経験を積んだ印象を受けますが、フレッシュな大学生ユーザーさんです。「ビールの写真をアップする方はいても、ビールについて書かれてる方は意外に少ない」ということで、それなら自分が書いてみようじゃないかとこのブログを始めたと長澤さんは、大学卒業までにビール検定1級に合格したい、将来はビールに関連する職業に就きたい、またそれに向かって日々勉強中という本格派です。皆さんもこの秋は、ちょっと新しいタイプのビールに挑戦してみてはいかがでしょうか?  - 簡単にブログの紹介をお願いいたします。 お酒が好きで、ビールが特に大好きです。日本人のビール離れが進んでいるという現代で、ビールの魅力や面白さを発信していくという目的でページを運営しています。特に、「ビールは苦くて美味しくない」といった固定観念によりビールを敬遠している人にビールの美味しさを伝えるとともに、ビールは好きだけれど日本のビールしか飲まないという人にビールの多様性を知ってもらおうという思惑があります。ビールほど種類が多く、種類によって味が全然異なるお酒はないと思います。種類を選んで飲んだり、気分に合わせて飲んだりというのが一番しやすいお酒だと知って頂きたいです。[[MORE]]   - 長澤さんがビール好きになったきっかけは何でしょうか?小さい頃にビール工場見学に行ったこともあって、ビールは小さい頃から興味のある飲み物でした。(佐藤浩市さんが出ていた「一番搾り」のCMが好きでした) 20歳になってお酒が飲めるようになってからビールを飲み、ビールって美味しいなとそこで初めて思いました。苦いと言われますけど、私は平気でむしろ美味しかったです。私が本格的にビールを好きになったきっかけは、「COEDO 伽羅」というクラフトビールを飲んだことです。 (COEDOブルワリーは、国際的なビアコンペで受賞歴のある日本でも有名なブルワリーの1つです) 普通ビールの味というと、日本の大手が造るような馴染みのある味 (ピルスナーの味) を想像しますが、そのビールを飲んだとき、こんな味のビールがあるのかと衝撃を受けました。それ以来、普段飲むことのないいろいろな味のビールを試してみたいと思うようになり、クラフトビールを飲むようになりました。クラフトビールの生産者 (醸造家) のこだわりがよく感じられるところ、美味しいところ、「職人技の感じられるビール」だと思えるところに惹かれていきました。 - 毎回の投稿で書かれているレビューは、オリジナルのものですか? その内容はとても詳細ですが、ビールを飲む以外にも勉強をされているのでしょうか? 現在書いているレビューは、飲みながら私なりに解釈して書いているものです。レビューの項目になっている「泡」「香り」「味」「総合」というのは、他の方のビアレビューを参考にして、ビールのことについて知るのに必要だと思う項目を私なりにピックアップしたものです。ビールについて知らない方がイメージしやすいように書くのは難しいです。今はブログに投稿する形式を取っていますが、まだまだ改良の余地があると感じています。ここ最近までは日本語でのレビューしかしていませんでしたが、外国の方がコメントをくれたり反応したりして下さることがあって、頑張って英文も載せるようになりました。ビールの勉強は独学でしています。ビールの専門本を読んだり、工場見学に足を運んだりもしています。ビールの勉強を本格的にやり始めたきっかけは、ビール専門店を訪れた際に種類の多さに驚き、聞いたこともない用語がズラリとならんでいるのを目の当たりにしたことです。きちんと勉強して、自分で飲みたいビールを選びたいという気持ちが強くなり勉強を始めました。飲みながら勉強できるという点でとても楽しいですし、覚えやすいです。もちろんまだまだ覚えることはありますので、これからも頑張って勉強したいと思っています。  - 長澤さんの好みのビールはどんな味のものですか? また、好みのブランドなどありますか?  ビールには本当にたくさんの種類 (ビアスタイル) がありますが、今まで飲んできたものの中で苦手なビアスタイルはなく、好きなものばかりでした。ビアレビューをするようになってからはゆっくり味わって飲むようになったので、香りがいいものや少しどっしりした飲みごたえのあるものが特に好きになったかもしれないです。香りがいいビールとは、インディアペールエールのようにアロマホップをたくさん使って造られたような苦いビールや、ベルジャンエール (ベルギーのエールビール) のように酵母が造り出す香りが豊かなビールがあったりと幅広いです。どっしりとした飲みごたえのあるビールとは、おおむね8%より高い度数のビールのことです。ベルギービールに多く、日本のビールのようにゴクゴク飲まずに少しずつ飲むビールのことです。ゴクゴク飲むタイプのビールももちろん好きですし、黒ビールも大好きですよ。好みのブランドを挙げるのは多すぎて正直難しいのですが、一部挙げてみました。志賀高原ビール(長野県)箕面ビール(大阪府)Stone Brewing Co. (アメリカ)Duvel Moortgat (ベルギー)Anchor Brewing Co. (アメリカ)BREWDOG (スコットランド)常陸野ネストビール(茨城県)湘南ビール(神奈川県)  - これぞ最高のマリアージュ、というビールと食べ物の組み合わせを教えてください。難しいですが、私なりに思う組み合わせを挙げてみました。ソーセージ、ベーコンなどの燻製品ヴァイツェン(ヴァイスビアに同じ)、ピルスナーをはじめとするペールラガー、ラオホステーキ、焼肉ダークビール(ポーター、スタウト、シュヴァルツなど)サラダホワイトエール(ベルジャンホワイトエール、ヴァイツェン)、セゾンスパイシーフードインディアペールエール和食 (刺身、寿司は除きます)ピルスナーをはじめとするペールラガー特にモルト感の感じられるドルトムンダー、ボヘミアン・ピルスナーはオススメアンバーラガー (ペールラガーより少し濃い色のビール) も料理によっては合います。 - 将来ビールの知識、ビールへの情熱を生かした職業に就きたいですか? それとも、ビールはあくまでも個人的に楽しむものにしておきたいと思っていますか?はい、ビールに関係する職業に就きたいと考えています。まずは大学卒業までにビール検定1級を受けることは決めています。またいつかはビアテイスターなどの資格も取りたいです。ビールの消費量が減少している中で、もっとビールを魅力的なお酒にしていきたいという気持ちがあります。万が一そのような職業に就けなくても、今行っているような取り組みは続けていくつもりです。(画像: 長澤佑樹) 

      Tumblrユーザーボイス: 京都府在住・長澤佑樹さん (22歳)。

      食欲の秋も深まってきて、おいしいものがすいすいと食べられる気候になりましたね。今回はそんな季節にピッタリな、ビールレビューを書いているユーザーさんのインタビューです。このブログ「ビールって,面白い.」に詳細なビールブログを次々にアップされているのは、なんと22歳の長澤佑樹さん。ブログを読んでいると、だいぶ経験を積んだ印象を受けますが、フレッシュな大学生ユーザーさんです。「ビールの写真をアップする方はいても、ビールについて書かれてる方は意外に少ない」ということで、それなら自分が書いてみようじゃないかとこのブログを始めたと長澤さんは、大学卒業までにビール検定1級に合格したい、将来はビールに関連する職業に就きたい、またそれに向かって日々勉強中という本格派です。皆さんもこの秋は、ちょっと新しいタイプのビールに挑戦してみてはいかがでしょうか?

       

       - 簡単にブログの紹介をお願いいたします。
       
      お酒が好きで、ビールが特に大好きです。日本人のビール離れが進んでいるという現代で、ビールの魅力や面白さを発信していくという目的でページを運営しています。特に、「ビールは苦くて美味しくない」といった固定観念によりビールを敬遠している人にビールの美味しさを伝えるとともに、ビールは好きだけれど日本のビールしか飲まないという人にビールの多様性を知ってもらおうという思惑があります。ビールほど種類が多く、種類によって味が全然異なるお酒はないと思います。種類を選んで飲んだり、気分に合わせて飲んだりというのが一番しやすいお酒だと知って頂きたいです。

      続きを読む…